技術資料

パンフレット一覧


土地の軟弱地盤対策、地震時の液状化対策技、またその他維持補修技術等一覧のなかから必要な資料を請求できます。

当社の技術「深層混合処理工法 (DCM工法)」は、海上および陸上の軟弱地盤地域の基礎地盤対策工法として最適です。建築・土木構造物の基礎として、支持力増強や地震時の液状化対策のために、広く使用されています。なお、本工法は昭和54年に第31回毎日工業技術賞を受賞しました。

希望する資料にチェックを入れてください▼

番号 技術名 概  要 プレビュー 資料
請求
01 深層混合処理工法(DCM)工法 海底軟弱地盤を硬化剤を用いて固め、構造物を支持できる地盤に改良する技術であり、軟弱地盤地域の基礎地盤対策工法として最適です。DCM工法はさらに、陸上の軟弱地盤にも利用され、液状化対策や地下の施行をオープンカットで行えるようにしたDOC工法へと発展しています。建築・土木構造物の基礎として、支持力増強や地震時の液状化対策のために、広く使用されています。 PDFの資料を見てみる
154KB
PDFの資料を見てみる
139KB
02 格子状地盤改良工法による液状化対策TOFT 液状化を克服する画期的な技術です。原理はセメント系の地盤改良工法である深層混合処理工法を使って液状化対象地盤を格子状に囲み、地震時の砂地盤のせん断破壊を防止する事です。その結果、構造物を保護し、大変形を防ぐことができます。阪神大震災においても耐液状化効果が確認され、信頼性が高い事が実証されました。 PDFの資料を見てみる
142KB
PDFの資料を見てみる
146KB
03 DOC工法 地下水位が高い軟弱地盤の地下工事を、安全でクリーンな環境を確保しつつ経済的に実施し、建物の品質を向上させるために開発された工法です。セメントスラリーを使用した地盤改良工法を用いることにより、軟弱地盤での大規模なオープンカットを実現し、同時に良好な基礎地盤を提供できる地盤処理技術です。 PDFの資料を見てみる
160KB
04 CDL−LODIC工法(変位低減型深層混合処理工法) 従来のセメント系固化工法における安定材の投入量に相当する土量を、施工の過程においてスクリューで強制的に排出することにより、地盤の変位の発生を抑えて周辺地盤や既設構造物への影響を最小限にした深層混合処理工法 PDFの資料を見てみる
160KB
05 掘削土再利用連続壁工法(TSW工法) 掘削土再利用連壁工法は、RC連続壁の掘削手法とソイル柱列壁の山留め構成要素を組み合わせた大深度地下工事対応の山留め工法です。本工法は、掘削した現地発生土を主原料としてセメントミルクと混錬し、遮水性の高いソイルセメントとして山留め壁・地中壁に利用する工法で、発生土のリサイクルが可能です。 PDFの資料を見てみる
163KB
06 LNGタンクの設計施工システム 当設計システムにより、土木関連指針に基づいた一連の設計作業が短時間で行えます。また、LNGタンク建設の工費・工期低減化のニーズに答えるため、設計・施工上の合理化技術として「側壁〜底版一体化構造」、「完全埋設型地下式貯槽のRC屋根」および「PCLNG地上式タンクの設計・施工技術」等を開発しました。 PDFの資料を見てみる
168KB
07 スキーリゾート企画計画システム 自然と調和のとれたスキーリゾートの計画支援ツールです。スキーリゾートの開発を各段階で評価でき、CG画像でビジュアルに検討できます。自然環境の分析、ゲレンデ計画・評価、事業性の評価をトータルに行うコンピュータシステムです。
PDFの資料を見てみる
174KB
08 走行式コンクリート診断システム 竹中土木・竹中工務店、京都大学、東京大学、東京工業大学は共同で、トンネル内のコンクリートのひび割れ、剥離、空洞の状態を検査機器を搭載した鉄道車両を走行させながら非破壊、非接触で調査、診断する「走行式トンネルコンクリート調査・診断システム」を開発しました。
 
09 パーマコート 紫外線硬化型のFRPシートをコンクリートの表面に貼付して、コンクリート構造物に面的に補修・補強する工法です。従来工法に比べ、短工期・低コストで補修することができます。
PDFの資料を見てみる
145KB

※カタログをご覧になる際には、Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerがない方は、 こちら から無償でダウンロードできます。


■お客様情報

カテゴリ ★必須入力
氏名(フリガナ)  名 ★必須入力
氏名(漢字)  名 ★必須入力
ご勤務先
※法人の方はご入力ください
ご所属部課名
※法人の方はご入力ください
電話番号
(半角英数字)
- - ★必須入力
(記入例:082-000-0000)
FAX番号
(半角英数字)
- - ★必須入力
(記入例:082-000-0000)
郵便番号
(半角英数字)
-
(記入例:〒530-8203)
住所
(都道府県)
★必須入力
住所
(市・区・郡・町・番地)
★必須入力
(記入例:横浜市横浜区谷中3-59-8)
住所
(アパート・マンション名)

(記入例:スプラッシュ谷中501号室)
ご職業
希望のご連絡方法 メール 電話 FAX ★必須入力
お役立ちメールマガジン配信を 希望する 希望しない
Eメールアドレス
(携帯不可)
★必須入力
※記入内容をご確認のうえ、送信ボタンを押してください。
   

竹中土木広島支店オリジナルメールマガジン『竹中土木技報』をご登録ください。 毎月、竹中土木や業界の新技術のご紹介、お客様の事例など、ホットな情報を発信致します。登録>>
技術資料
走行式コンクリート点検システム
パーマコート工法
透水コンクリート
CSG工法
パペット工法
長距離推進工法
パンフレット一覧
技術資料TOP