技術資料

走行式コンクリート点検システム


【工法概要】
トンネル内の覆工コンクリートの落下事故対応として、多大な労力と時間を投じて欠陥の調査が実施されております。竹中では、トンネルの覆工コンクリートの欠陥を、高精度かつ短時間に調査することが可能な走行式コンクリート点検システムを開発しました。本システムは、ハイビジョンカメラ、サーモグラフィ、トンネルレーダを検査機器として走行しながら点検することにより、高精度かつ短時間に覆工コンクリートの調査を実施するものです。現在実用化しているシステムは、ハイビジョンとサーモグラフィを搭載しています。

特長

  • (1)走行して点検するため、現地での作業時間が大幅に短縮可能です。
  • (2)点検が点検者の技量にとらわれることなく、高精度に検知することができます。
  • (3)情報は全てデジタルデータのため、劣化進展を高精度、迅速に評価することができます。
  • (4)点検作業において高所作業車などを使用する必要がなく,安全性は高いです 。
  • (5)データベース化により、ライフサイクルをサポートします。

ハイビジョン出力結果例 サーモグラフィ出力結果例
実用システム概要図 点検台車(ブーム式)


竹中土木広島支店オリジナルメールマガジン『竹中土木技報』をご登録ください。 毎月、竹中土木や業界の新技術のご紹介、お客様の事例など、ホットな情報を発信致します。登録>>
技術資料
走行式コンクリート点検システム
パーマコート工法
透水コンクリート
CSG工法
パペット工法
長距離推進工法
パンフレット一覧
技術資料TOP